総計: 2340190  今日: 415  昨日: 556       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
 インターネットラジオ
音楽現実
 環境goo
地球にリスペクト!
 iPad/iPhoneマガジン
gentle music web

 

  ○月×日 ORANGE RANGE取材
   設立したばかりのセルフ・レーベル”ECHO"からの第一弾アルバム『orcd』についてメンバー5人にインタビュー。自分たちのレーベルから出す体制になって、やはりこれまで以上に”自分たちの作品”という意識が高まったというこの新作は”ORANGE RANGEのCD”という意味のタイトルが物語る通り、彼らにしか作れない、彼らの個性がしっかり表現されたアルバムに仕上がった。
「RANGEの個性? それは声じゃないですか。どんな曲でも、この3人のボーカルが入ったらORANGE RANGEになるんで。ORANGE RANGEはボーカルをいちばん最後に入れるんですよね。それがいちばん効果的でいちばん生きるからそうしてるんですけど、それがやっぱりバンドの個性になってますよね。ひとつの曲のなかでキャラの違う3つの声が鳴ってるというのは」(YOH)
 マニアックでバラエティに富んだサウンドをキャッチーに仕上げるセンスも彼らならでは。
「わかりやすさは大事ですよね。やっぱりフレーズとかリフって聞こえてナンボじゃないですか。例えば、低音部分でなんかのフレーズがなんとなく鳴ってるんだけどボアボアしてて聞こえないっていうのはつまらないから。そういうことのないように一般のCDよりもかなり低音を抑えてもらってるんで、それでかなりわかりやすくなってると思うんです。歌えるリフ、歌えるフレーズがあるとわかりやすいでしょ。それはずっと意識してます」(NAOTO)
 そして、沖縄のバンドという部分がこれまででいちばん前面に出てきた作品かもしれない。
「それはこのアルバム自体が、5人それぞれ聴いてる音楽も違えば個性も違うなかで、それをひとつにまとめる統一感とは何かってことが表れたアルバムでもあるっていうことだと思いますね」(YAMATO)
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: ○月×日 SPITZ取材
 次のテキスト: ○月×日 浜崎貴司取材
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved