総計: 2342749  今日: 170  昨日: 820       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
 インターネットラジオ
音楽現実
 環境goo
地球にリスペクト!
 iPad/iPhoneマガジン
gentle music web

 

  ○月×日 いきものがかり取材
   間もなくリリースされるニュー・アルバム『Newtral』について、3人にインタビュー。曲調のバラエティの豊かさは相変わらずだが、それぞれのタイプについて奇をてらわず、むしろド真ん中に切り込んでいく果敢さと、その結果としての安定感が印象的だが、そのいちばんポピュラーなところで自分たちの音楽を展開しようとすることについてはかなり自覚的、と彼らは言う。
「その意識はあるというか、多分そういうところでしかできないと思うんです。グループもそうだし、ソングライターとしても。極端な転調だったり、すごいギミックのあるコード進行とか、そういうことをあまり知らないし、もし知ったとしても、自分のなかで曲作りのフォーマットみたいなものはある程度できてしまっているので、そのなかでそれをどう使えばいいのかわからないだろうと思うんです。だから、余計にメジャーなフィールドのなかでいろいろ試すという方向になっていくんですよ。それに、いきものがかりという存在は、そのフィールドでやってるから、老若男女を問わないで、いろんな人たちが来てくれているんであって、そこを抜けたら多分食べていけないんじゃないかな(笑)。ただ、それはいろんな要素が重なってて、吉岡というボーカルがいないと成り立たないし、逆に男一人でやってても成り立たないだろうし。曲はオレと良樹がなんとか書いて、それを吉岡に歌ってもらうというところで、ギリギリのバランスを保ってるんだと思いますよ」(山下)






















クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: ○月×日 黒猫チェルシー取材
 次のテキスト: ○月×日 また電子書籍を出しました。
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved