総計: 2342753  今日: 174  昨日: 820       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
 インターネットラジオ
音楽現実
 環境goo
地球にリスペクト!
 iPad/iPhoneマガジン
gentle music web

 

  ○月×日 Chage取材
  「Gentle music magazine」(http://www.gentle-music.net/)のためのインタビュー。Chageは、5月に銀座で行った企画ライブ「茶会」で発表した新曲「TOKYO MOON」をシングルとしてリリースしたばかり。この曲は、震災に際して、自分自身が完全にリセットされたと語る彼の、新しいスタートの曲だ。
「見たまま、感じたままをそのまま書いたら、こうなったっていう。この曲を何年先に歌っても、必ず2011年春の銀座に自分の気持ちが戻れるようにと思って。それはなぜかというと、その時点で自分自身リセットしたから。この後、自分が何か慢心したような状態になることがあるかもしれないけど、そういうときに自分を戒めるための曲というか。そういう意味で、この曲は自分にとってリスタートの曲でもあるんですよね。で、僕が大好きだった「月がとっても青いから」という曲の歌詞からちょっと引用させてもらったんですけど、子どもの頃に聴いて“素敵だなあ”と思っていた曲とつながったこともすごくうれしかったんです。で、子どものときに見た月明かりとか、親父が銭湯の帰りに本当に♪月がとっても青いから♪と歌いながら遠回りして帰ったとか、そういう昔の記憶もよみがえってきたんですよ。いろんなことを思い出したりもして、こういう曲が出来上がって、それで“これだったら、茶会もやれるな”と思ったんです。(吉川)忠英さんたちメンバーも、この曲を聴いたときにドキッとしたらしくて。「“音楽とかやってていいのか?”という気持ちになってたときに、こういう曲に出会えて助かったよ」と言われたのは、本当にうれしかったですね」
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: ○月×日 また電子書籍を出しました
 次のテキスト: ○月×日 稲垣潤一取材
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved