総計: 2283628  今日: 624  昨日: 1145       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
 インターネットラジオ
音楽現実
 環境goo
地球にリスペクト!
 iPad/iPhoneマガジン
gentle music web

 

  ○月×日/GRAPEVINEの取材
 

虎ノ門のポニーキャニオンで GRAPEVINE の取材。3月3日にリリースされるニューシングル『BREAKTHROUGH』についてのインタビューだった。田中くんの髪も亀井くんのもみあげもかなり伸びていて、西川くんも含め3人が並んだ姿はテレビにだって何回も出たことがあるロック・バンドには見えない。でも、そんなことには頓着せず、あっさり写真撮影を済ませてインタビュー。このバンドのインタビューをしていると、最近は特にだけれど、どうしても“バンドの欲望” “バンドの性(さが)”といった話になる。彼らに言わせると、GRAPEVINE というバンドには、独立した人格のように、そうした感覚が確かにあって、それと楽曲自体が求めている方向性みたいなものとが葛藤し合いながらある地点に落ち着いていくのだと言う。彼らの音楽の、あのなんとも言えない微妙な味わいはそうしたせめぎ合いのなかから醸造されるわけである。







クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: ○月×日 島本理生「生まれる森」読了
 次のテキスト: 最後の掲示物です。
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved