総計: 2340220  今日: 445  昨日: 556       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  11月16日 くるり@Zepp TOKYO
   5人編成になって初めてのワンマン・ツアーからのステージである。新曲もたくさん披露して、変わっていきつつあるというか、5人編成としてのバンドのスタンスを固めつつある現在の状況をリアルに伝えるライブになった。
 この日、いちばん目を引いたのはギターの吉田省念の活躍ぶりで、チェロやバンジョーも演奏し、リード・ボーカルを担当する曲もあり、さらにはアンコールの恒例となっていた佐藤のグッズ紹介コーナーに佐藤ともども登場して「モノトーンズ」としてグッズ紹介まで担当した。特に、チェロは新しいくるりサウンドを特徴づけるひとつのポイントになっていきそうだ。
 新曲はどれもセッション感が強く、いかにもバンドでワイワイ言いながら作った印象の曲ばかりで、くるりらしいねじれ方をした曲でも、やはりなんだか楽しい感じである。一方、過去のレパートリーは構築されたものをいったん解体し、その骨組みだけを組み直している印象で、楽曲の素な個性を際立たせる方向に向かっているように感じられた。
 岸田は、ギターに専念する曲がある一方で、ハンドマイクで歌う曲もあり、バンドのなかでの立ち位置はより自由になっているようだが、MCを聞いているといい感じでおやじ化しているように感じられた。あまりお兄さんタイプ、お父さんタイプの人ではないと思っていたが、若いメンバーが入って、気持ちよく年をとれるようになっているんじゃないだろうか、なんてことも感じたライブだった。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 12月8日 くるり@STUDIO COAST
 次のテキスト: 11月13日 GOING UNDER GROUND@桶川市民ホール
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved