総計: 2340186  今日: 411  昨日: 556       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  11月26日 くるり@中野サンプラザ
   ワンマンライブツアー2012〜国民の性欲が第一〜、通称「性欲のツアー」、その東京公演の初日である。
 まず、あらきゆうこのドラムがいい。大昔の話だが、鈴木さえ子がドラムをたたいていた泉谷しげるのバンドを思い出した。それから、佐藤のベースがずいぶんと歌っている。リズム・セクションがそんな具合だから、ライブが悪くなるはずがない。ただ、そのなかでも注目すべきは岸田のボーカルで、激しさを強く押し出すことはないけれど、でも強さを感じさせる歌声で、しかも楽曲の繊細な表情もちゃんと描き出してみせる。おかげで、音楽はいよいよふくよかな印象を与える。
 ところで、本編のいちばん最後を「グローローデイズ」にすれば、あの曲で始める意味も深まって、もちろん「グローリーデイズ」のコーダも印象深くなって、いいような気がするけれど。まあ…、どうなんでしょう。それはともかく、来年1月の武道館公演が、ともてとても楽しみになるステージだった。

 
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 12月11日 フジファブリック@Zepp Diver City Tokyo
 次のテキスト: 11月23日 acid android@赤坂BLITS
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved