総計: 2283594  今日: 590  昨日: 1145       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  11月24日 RADWIMPS vs いきものがかり@横浜アリーナ
  両方のバンドがMCで、一般的なイメージではこの対バン・シリーズの組み合わせのなかでいちばん隔たりがある組み合わせだと思われようことを異口同音に語っていたけれど。で、実際、その音楽的なスタイルはかなり違うけれど、それでも並べて聴くと、その精神的な共通性を確かに感じ取ることができる。それを大雑把に言ってしまえば、「偏屈」というふうにも言えるかもしれないが、世の中から見れば「偏屈」に映るピュアネスをそれぞれのポップに真っ直ぐに昇華する真摯さも相通じている。同時に「偏屈」であるが故の憂鬱と感傷もまた共振して倍音を響かせていた。
誰もがかなりのAWAY状態を予想していたはずの、いきものがかりはメンバー自身がおそらくはいちばんそれを意識していて、アレンジに工夫を凝らし、結果サウンドはいっそう構築感が強まり、しかし聴かせどころではボーカルの素の魅力を押し出していて、その方向性はじつは来年以降の指向性までも暗示しているかもしれない。
RADWIMPSは、ドラムが療養中ということでサポートに二人のドラマー森瑞希と畑利樹を迎え、ツイン・ドラムになったことで彼らの音楽が本来的に抱えているポリリズム要素がいっそう際立って感じられて楽しかった。野田洋次郎はいきものがかりについて「テレビで曲を流れてきたりしたときに、僕らの知らない責任や悩みを抱えてがんばってるんだろうなということを思いながら聴いている」と話していたけれど、いきものがかりの音楽のどういうところにそういうものを感じるんだろう? 機会があれば聞いてみよう。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 2月28日 くるり@Zepp DIVERCItY
 次のテキスト: 11月16日 くるり@Zepp Diver City
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved