総計: 2283698  今日: 694  昨日: 1145       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  1月22日 ASKA@日本武道館
  2年ぶりにビッグバンドとの共演が実現したスペシャル・ライブ。全国の70を超える映画館でも同時中継された。
そのステージは、銀幕の中の物語のようにゴージャスでロマンチックなもので、前半は昨年末にリリースしたスタンダード曲集『BOOKEND』からの曲を中心に洋邦の名曲たちを次々に披露。一方、1月21日に配信限定でリリースされた新曲「歌の中には不自由がない」と未発表の新曲「朝をありがとう」を続けて披露するところから始まった後半は自身のレパートリーをゆったりしっかり聴かせるという構成で、ASKAのボーカルの濃厚な個性をたっぷりと味わわせてくれた。とりわけ印象的だったのは、ストロークの大きなメロディーラインの魅力を十分に際立たせるボーカル・ワークの見事さで、あらためてボーカリストとしてのスケールの大きさと懐の深さを実感することになった。そして、座席に深々と腰をおろし、歌声に深く浸るコンサートの心地良さをあらためて堪能した2時間だった。

1.Love Is A Many Splendored Thing
2.Smile
3.My Life
4.Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
5.また逢う日まで
6.天使の誘惑
7.廃墟の鳩
8.あの鐘を鳴らすのはあなた
9.木綿のハンカチーフ
10.ここに幸あり
11.MOON LIGHT BLUES
12.Stardust
13.What A Wonderful World
14.歌の中には不自由がない
15.朝をありがとう
16.思い出すなら
17.僕はこの瞳で嘘をつく
18.夢のかなた
19.BROTHER
20.月が近づけば少しはましだろう
21.野いちごがゆれるように
22.世界にMerry X'mas
23.見上げてごらん夜の星を
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 5月2日 GRAPEVINE@渋谷クラブ・クアトロ
 次のテキスト: 12月28日 吉井和哉@日本武道館
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved