総計: 2283681  今日: 677  昨日: 1145       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  8月4日 acid android@CLUB CITTA'
   ラルク・アン・シエルの活動の隙間を縫って、1本だけ実現したスペシャル・ライブ。演奏曲目は、これまでに発表された作品それぞれからまんべんなく選ばれており、yukihiro自身がラルクの活動でしばらくはやれないacid android音楽の、今の時点での確認しておきたい、というような意識ではなかったかと想像される。
 acidの音楽は、昨年の精力的なライブ展開とリリースによって、その核心部分を急速に固めていった印象だったが、この日のステージを見ると、すでにその音像も過去のものとなり、また新たなイメージに向けての構築が始まっているように感じられた。大きく言えば、acid androidでのyukihiroの試行錯誤は、ヒューマニティとマシーナリーとの間の相克であり、その摩擦を彼は"あれか、これか”ではなく、独自の発想で"あれも、これも”を実現しようとしているように感じられる。先に書いた「新たなイメージ」とは、そのための独自の発想のことであり、その発想を肉付けするための有効な手段のひとつが、この日のようなライブでの実践であるわけだ。その意味で、彼にとってはかなり手応えのあるステージなったのではないか。その勢いにのってレコーディングまで進むことが期待されるけれど、問題はやはりラルクでの活動との兼ね合いということになるだろう。それはともかく、可動式の小電球を効果的に使い、また前半のメロウな色構成も印象的だった照明が、やはり一発勝負故の詰めの甘さは散見されたものの、そのコンセプトにおいて、サウンドの新展開への予兆を鮮やかに浮き彫りにしていたことも見逃せない。


1.chaotic equal
2.let's dance
3.imagining noises
4.double dare
5.relation
6.chill
7.useless action
8.clockwork dance
9.gamble
10.barlancing doll:1.02
11.a moon tomorrow
12.egoistic ideal
13.enmity
14.rtn2010
15.daze
16.violator:1.02
17.i.w.o.m.f.p.p just an android
18.violent parade
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 8月5日 くるり@Zepp TOKYO
 次のテキスト: 7月24日 いきものがかり@横浜スタジアム
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved