総計: 2342711  今日: 132  昨日: 820       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  4月8日 GRAPEVINE@SHIBUYA-AX
   1月にリリースされたアルバム『真昼のストレンジランド』をフィーチャーしたツアーのステージ。
 田中のMCの言葉を借りると「盛り上がるとか盛り上がらないとかとは違うところで」やっている音楽ということになるわけだが、要は表現のイメージがかなり抽象的であるということだ。だから、ある意味ではとっつきにくいわけだけれど、それでもライブとしてやはり魅力的であると思うのは、メンバーの存在や演奏の肉体性、つまりはライブ感としか言いようのない感覚で裏打ちすることによって、その抽象性が受け取り手の意識のなかで具体的な感触や記憶、あるいは映像と結びついていくことになるからだ。
 それは、やはりライブならではの体験の有り様だし、そういう関係性のなかでオーディエンスに強い印象を残すバンドはこの国ではあまりいない。要は、彼らがますますすごい世界に分け入っているということなのだが、それであればこそさらに演奏力の向上を求めたくなってしまう、というのもずいぶんと贅沢な感想だろう。同時に、その抽象性を肉体化する手際でごくごくシンプルな具体的イメージを描くと、すごくポップな世界が生まれるんじゃないかと夢想してしまうのは僕だけだろうか。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 4月20日 高野寛@PLEASURE PLEASURE
 次のテキスト: 3月7日 くるり@日本武道館
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved