総計: 2342709  今日: 130  昨日: 820       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  1月25日 くるり@STUDIO COAST
   昨年9月にリリースされたアルバム『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』をフィーチャーしたツアーのステージ。ドラムはボボ、ゲスト・ギタリストとしてフジファブリックの山内総一郎が参加している。
 デビュー当初からその音楽性のなかに色濃くあったフォークロア的な要素が独自の深まりを見せているここのところのくるり音楽だが、その方向性がライブとなるといよいよ生身の感触として感じられるわけで、しかも本編最後には岸田繁が怪しげなダンスまで披露し、自然とからだがムズムズしてくることになった。印象的だったのは、そうした地の底から沸いてくるような土俗的なビートものと過去のロマンティックなポップ・チューンが確かにつながっていいたことで、これまでの数々の名曲で表現されてきた岸田のナイーブな感受性が地に足の着いた生活意識にちゃんと昇華されていることを改めて実感した。言い換えれば、”クヨクヨしたくなることはいろいろあるけど、まあ大丈夫だよな”という気になるということなわけで、”言葉にならしまへん、笑顔を見しとくれやしまへんやろか”というツアー・タイトルを思い出すまでもなく、ついつい笑顔になってしまうステージだった。
 ところで、岸田のダンスを見ていて、まだリキッドルームが新宿にあった頃、くるりのリキッドルーム・ライブにズボンズのドンマツオが登場したときのことを思い出した。あのときはずっかりドンマツオに持って行かれたけれど、今なら大丈夫じゃないかなあ。

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 1月27日 センチメンタル・シティ・ロマンス@PLEASURE PLEASURE
 次のテキスト: 1月21日 甲斐よしひろ@PLEASURE PLEASURE
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved