総計: 2342757  今日: 178  昨日: 820       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  12月28日 吉井和哉@日本武道館
   今年見る最後のライブがこれだけから、いいライブだったらいいな、と思っていたのだけれど、やはり素晴らしいライブだった。
 去年のこのステージで宣言していた通り、今年ニュー・アルバムのリリースはなかったわけだけれど、そもそもこの1年の締めくくりのライブでは新曲云々ということよりも、”吉井を見たい!”という素朴な欲求で集まった人たちを満足させられるかという主旨のライブだろうから、いつも吉井和哉というアーティストのその時点での素の実力が問われるステージであると思うのだけれど、そのステージでまさに満員のオーディエンスを確かに圧倒してしまったのだから、やはり素晴らしいというしかないだろう。
 もちろん、そこには確かな様式美とスケール感を持った照明の手柄もあったと思うけれど、逆に言えば、そうしたボリュームを持つライティング・ショーのなかでも埋没しないロック・ボーカリストはやはり吉井和哉だけだろ、と思わせたのがこの日のライブだったということだ。ボーカリストのライブということで言えば、言葉をガシガシと噛み砕きながら、しかもしっかり言葉がオーディエンスに届くステージであったとことは特筆すべきだろう。

1.アシッドウーマン(新曲)
2.PHOENIX
3.WEEKENDER
4.ヘヴンリー
5.ウォーキングマン
6.人それぞれのマイウェイ
7.BLOWN UP CHILDREN
8.20 GO
9.Do The Flipping
10.リバティーン
11.Across The Universe
12.Four Seasons
13.オジギソウ(新曲)
14.TALI
15.BELIEVE
16.ノーパン
17.ビルマニア
[ENCORE]
1.シルクスカーフに帽子のマダム
2.アバンギャルドで行こうよ
3.FINAL COUNTDOWN
4.LOVE&PEACE


クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 1月21日 甲斐よしひろ@PLEASURE PLEASURE
 次のテキスト: 12月20日 布袋寅泰@リキッドルーム
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved