総計: 2342747  今日: 168  昨日: 820       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  8月25日 VAMPS@Zepp OSAKA
   大阪という土地柄のせいなのか、地下鉄に乗り合わせたVAMPSライブ帰りの人たちを眺めてみると、どういう間柄なのかちょっと判断し難いグループが何組か目についた。例えば、明らかにカップルとおぼしきふたりにその親世代に見える女性が加わった3人組とか、いわゆるVAMPSギャル風の女の子と彼女よりは年下と思われる太った男子2人の3人組とか。ただ、ひとつの傾向としてはわりと年齢高めの女性が他の地域よりも多いだろうか。「昔、エアロを追いかけてました」みたいな感じのオネエサン方だ。高校生くらいの男子2人組みたいなのもいて、要はいわゆるロック・ファンの間で広く支持が広がってきているということなんだろう。滞在型ツアーというスタイルを続け、当日券を必ず発売するなどコアなファンじゃない人でもチケットが手に入れられる工夫をし、もちろん精力的にプロモーション活動を重ねる。そうした積み重ねが確実に成果をあげてきている。
 というわけで、アルバム『BEAST』も7月末に発売されて、佳境に入ったツアー大阪初日のステージである。ここまで徐々に演奏曲数が増えてきていた『BEAST』収録曲の比重がアルバム発売を機にグッと高まり、この日のセット・リストではシングルのカップリングも加えれば今年のBEASTプロジェクトの楽曲が半数以上を占めている。「PLUG IN」から「DEVIL SIDE」と続く、アルバムと同じオープニングの曲順まで含め、“LIVE BEAST”とでも呼ぶべき、アルバム『BEAST』でイメージされた世界のライブ的展開がいよいよ実行されるようになってきた印象で、そのベースとなるバンドの調子も絶好調と感じられた。曲中のブレイクで煽るように話すことはあるものの、演奏と演奏の間に入るMCは最小限にとどめ、演奏自体にものを言わす構成からうかがえるのも、そうしたバンドの状態に対する彼らの自信だ。個人的には、この状態で早くワールド・ツアーに出かけて海外のオーディエンスを圧倒してほしいとも思うけれど、
まずは東京でのファイナルに向けて、さらにテンションを高めていくことになるんだろう。さて、どこまで行ってしまうのか? ホントに東京公演が楽しみになるステージだった。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 9月4日 いきものがかり@日本武道館
 次のテキスト: 8月2日 やもり@東京オペラシティコンサートホール
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved