総計: 2342755  今日: 176  昨日: 820       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  8月2日 やもり@東京オペラシティコンサートホール
   やもりとは、矢野顕子と森山良子のスペシャル・ユニット。7月14日にアルバム『あなたと歌おう』をリリースし、そのアルバムを携えてのツアーの最終日がこの日のステージだ。演奏は、矢野、森山に小倉博和(g)と三沢またろう(perc) の4人。通常はクラシック・コンサートに使われることが多いこの日のホールの音響状態が、アコースティック編成のバンドの音との相性も良く、表現自体の豊かさを素朴な味わいのなかで感じられるコンサートになった。
 ステージは、アメリカの国民的作曲家、フォスターの「Beautiful Dreamer」をやもりの二人がアカペラで歌って始まり、さらにアンコールは日本を代表する大作曲家、中田喜直の曲「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「雪の降る町を」のメドレーをこれまたアカペラで二人が歌った。つまり、この日のステージの豊かさとは、こうした名曲たちを二人の類いまれなボーカリストがたっぷりゆったり歌うことで生まれてきたものだが、その背景には矢野と森山のアメリカ音楽の豊かさに対する尊敬と知識の深さがあることも見逃せないように思われた。アルバムにも収録され、この日のステージでも披露された「GOING HOME」はドボルザークの交響曲第9番「新世界より」の第2楽章のテーマを歌曲にしたものだが、「新世界より」はチェコからアメリカにやって来たドボルザークの、アメリカに対する興奮と共感が作品化されたもので、そうした作品の一部がピックアップされていることが結果的にやもりのふたりの潜在意識を伝えているのかもしれない。

 
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 8月25日 VAMPS@Zepp OSAKA
 次のテキスト: 7月31日 VAMPS@コニファーフォレスト
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved