総計: 2340216  今日: 441  昨日: 556       Home Search SiteMap
K's Glasses
profile
自己紹介
Diary 
Live Report
Recommend CD
  6月19日 GOING UNDER GROUND@SHIBUYA-AX
   3月に始まった"every place"ツアーの最終日のひとつ前のステージである。その名のとおり、今回のツアーは小さなライブハウスを細かくまわることを意識したツアーだ。そして、3月13日のレポートにも書いているとおり、ツアー開始直前に河野丈洋が倒れるというアクシデントを乗り越えてのツアーである。そのツアーを彼らがどんなふうにまわってきたのか? この日のステージではそこがいちばんのポイントだろう。
 で、結論から言うと、彼らはライブという空間に自分たちをアジャストさせることが、というかライブ空間を自分たちに引き付けることがますます自然にできるようになっていた。それは惰性に陥らずにライブ1本1本を積み重ねてきた証拠だ。その心意気や良し! 個人的に注目していた「思春期のブルース」も、以前の瑞々しい感じから"堂々とした"という形容こそが相応しいような演奏を聴かせてくれた。ただ、ひとつ気になったのは常なる全力投球がややもすると演奏のメリハリがはっきりしないことにつながっている場面があったこと。最終日ということで気合いが入り過ぎてたのかな? 
 ちなみに、アンコールで披露された新曲はまだタイトルも決まっていないという出来たてだったが、なかなかチャーミングな印象でまた作風を広げた感じがした。この曲になるかどうかわからないが、次のリリースが大いに楽しみである。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 6月30日 東京60WATTS@SHIBUYA-AX
 次のテキスト: 6月18日 くるり@日本武道館
copyright(c)2008 TATSUYA KANEDA All rights reserved